人気のおすすめ?二つ折り財布の購入を悩んでいるあなたへ

二つ折り財布二つ折り財布は日本の男性が最も使用している財布です。手に収まりが良いコンパクトな作りの二つ折り財布は携帯性・機能性に長けており、肌身離さず持ち歩くパートナー。あなたの周りでも多くの男性が持っているはずです。

ズボンの後ろポケットに入れてバッグを持たずに出掛ける

このようなスタイルが出来るのは二つ折り財布だけが持つ強みです。そして、このページに訪れたあなたもきっと二つ折り財布を愛用しているか、これからパートナーになるかを検討しているのでしょう。

そして、どのブランドのものが人気でおすすめの財布なのか。というのを知りたいという方が多いはずです。しかし、インターネットを検索しても悩む選択肢が増える一方でなかなか決められない…。
本ページでは、そんなあなたにおすすめしたいブランドとちょっと変わった二つ折り財布をご紹介します。

どのブランドがおすすめなのか

膨大な情報の海であるインターネットを少し覗いてみると、多くの方が「どのブランド」がおすすめなのか。「どのブランド」が人気なのかを探しているのがわかります。

確かに、現在では皮革の本場である欧州を始めとして日本製でも数多くのレザーブランド、ファッションブランドが存在しており、財布ひとつ買うにも悩んでしまうでしょう。更に「二つ折り財布」と言う最もオーソドックスな財布となると扱っていないブランドの方が少ないかもしれません。
そこで、元も子もないようなことを言うようですが…

どのブランドも素晴らしい

というように私は考えています。というのもイギリスでは王室御用達のエッティンガーがあり、フランスには知る人ぞ知るエルメス、中国で製造することにより高いコスパを誇るタケオキクチに、日本の職人がひとつひとつ丁寧に作り上げるココマイスター、キプリス、アメリカには世界が認めるコードバンを生み出すホーウィン社があります。

これらのブランドが生み出す財布はどれも素晴らしい出来です。しかし、どの二つ折り財布もネット上のレビューを見てみれば絶賛している人がいる一方で、不評をつけている方もおり、キリがありません。増してや皮革財布は使用する人によって三者三様の経年変化を楽しむことができます。

「どのブランド」という指標ではなく、自分が決めている予算や使ってみたい皮革、使用するシーンに応じてカジュアルかフォーマルかという条件で購入する二つ折り財布を選ぶことをおすすめします。
シーンに応じた二つ折り財布や財布に使用される皮革の種類などは当サイトでもまとめていますので、参考にしていただければと思います。

シンプルな二つ折り財布

ここからはおすすめの二つ折り財布をご紹介させていただきます。ここでは主に小銭入れが付いており、ビジネスシーンでも使用できるシンプルな二つ折り財布を見ていきましょう。

ジョージブライドル・バイアリーパース

ジョージブライドル・バイアリーパース

国産ブランドであるココマイスターの二つ折り財布。シリーズは「ジョージブライドル」というもので、英国を代表する皮革であるブライドルレザーを外内に使用した無双タイプです。オーソドックスな造りでシンプルなデザインのため汎用性が高く皮革のエイジングにも期待ができます。ココマイスターのカラーバリエーションは豊富でブラックからヘーゼルまで6色の中から選ぶことが出来ますが、品切れには要注意です。
価格36,000円
素材ブライドルレザー

ブライドル・インペリアルパース

ブライドル・インペリアルパース

上記の二つ折り財布と同ブランドのココマイスターですが、外側にブライドルレザー、内側にはヌメ革を使用した「ブライドル」シリーズ。上記の無双財布とは異なり、外内は異なる素材を使用しており内側のヌメ革とのコントラストが良く映え、それぞれの経年変化を楽しむことができます。価格も比較的お求めやすくなっているので、長期間使用することを前提に学生向けにもおすすめすることができます。
価格25,000円
素材ブライドルレザー

グラウンダー 二つ折り財布

グラウンダー 二つ折り財布

国産レザーブランドのワイルドスワンズの人気二つ折り財布の「グラウンダー」です。綺麗にコバ処理されており、耐久性が高いのが強みのワイルドスワンズの財布は。丸みを帯びたデザインがワイルドスワンズらしさを表しています。気兼ねなくズボンの後ろポケットに入れて持ち歩きたい方にはおすすめの財布ですが、若干在庫切れになりやすいアイテムなのが難点です。
価格33.480円
素材牛革

二つ折り財布 オイルシェルコードバン ~アンフィニ~

二つ折り財布 オイルシェルコードバン ~アンフィニ~

国産ブランドらしい素晴らしい縫製技術が知られているキプリスの二つ折り財布。そのキプリスの中でも皮革の王様であるオイルシェルコードバンを外内に使用したアンフィニシリーズは牛革とは一線を画す存在感を持っています。最初は硬く感じるコードバンですが、使用していく中で手に馴染む感覚も楽しみのひとつです。
価格41,040円
素材コードバン

カジュアル・ユニークな二つ折り財布

上記では主に黒を基調としたビジネスにも使用できる二つ折り財布を紹介しましたが、ここではちょっとユニークな遊び心のある財布をご紹介します。
紹介している私自身、仕事のときには黒の二つ折り財布を使用していますが、普段使いではブラウンやちょっと変わったタイプの二つ折り財布を使い分けています。必ずと言っていいほど持ち歩く財布ですので、使い分けてみたり、話題になるような財布をチョイスしてみるのも良いかもしれません。

SETTLER 二つ折り財布

英国御三家と知られ日本でも非常に高い人気を誇るホワイトハウスコックスのディフュージョンブランドであるセトラーの二つ折り財布です。知名度こそ低いですが、その品質はWHCの折り紙付きです。素材として使われているのがヌバックという起毛革なので、使い始めのころはしっとりとしたサラサラしたさわり心地を味割ることが出来ます。経年変化が進むに連れて起毛が目立たなくなり味わい深い艶が生まれるのが本財布の特徴です。
価格18,360円 (2016年9月5日現在)
素材ヌバック

IL BISONTE 二つ折り財布

イタリアのレザーブランドとして知られるイルビゾンテの二つ折り財布。経年変化を楽しむことを前提とした財布ですので、使っていく中での変遷を楽しむことができます。またゴールドの水牛が描かれたボタンがアクセントとなっているのもイルビゾンテらしいデザインです。掲載画像はナチュラルカラーですが、カラーバリエーションは豊富に揃ってありますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょう。
価格20,800円 (2016年8月29日現在)
素材牛革

マットーネ オリヴェートパース

マットーネ オリヴェートパース

イルビゾンテと同様にイタリアンレザーを使用した二つ折り財布。網目状になっている表面が特徴的でボッテガ・ヴェネタを彷彿させるユニークなデザインです。ココマイスターのマットーネとはイタリアに10世紀もの間受け継がれてきたバケッタ製法と言われる古くからの技術で作られており、オイルをたっぷりと含んである皮革は扱いやすく、経年変化を楽しむことが出来ます。
価格34,000円
素材マットーネ

二つ折り財布のメリット・デメリット

二つ折り財布を選ぶ理由としてのメリットは「携帯性」と「機能性」です。
冒頭でも挙げましたが、ズボンの後ろポケットに入れて、どこへでも気軽に出かけれる携帯性は他の財布にはありません。長財布を後ろポケットに入れるのは不格好ですし、長財布を入れたバッグを持ち歩くのは煩わしく、マネークリップや小銭入れでは容量不足、種類によっては三つ折り財布でも良いのですが、使い慣れた二つ折り財布の方が日本人の手に馴染んでいるは間違いありません。
また、二つ折り財布は非常に機能的です。機能的とは「使いやすさ」のことで、容量に特化したラウンドファスナータイプや薄さを求めた長財布とは異なり、手に収まるコンパクトな二つ折り財布は非常に素早くカード、小銭、お札を取り出せるはずです。手に収まらない長財布とは反対に包み込むように持つことのできる「落とさない安定感」があるのも二つ折り財布を選ぶ大きな要因となります。

それでは、二つ折り財布のデメリットは何でしょうか。人それぞれ感じることは異なるとは思いますが、ここでは大きく2つのデメリットをおさらいしましょう。
まず一つ目は収納力です。至極当然ではありますが、長財布や三つ折り財布に比べて収納できる箇所が限られています。ブランドや種類によってはカードポケットが4枚程度しかないものもあり、作り手も二つ折り財布に収納力は不必要だと言わんばかりに1つのカードポケットに1枚のカードしか入らないようなキツキツな構造も多くあります。
もう一つのデメリットは傷が付きやすいことです。ズボンの後ろに入れて持ち歩く場合、バッグに入れたり直接手に持つ長財布と比べてどうしても傷みやすいです。財布の角がすり減ったり、型崩れや何かに引っ掛けて傷がついてしまう可能性もあります。

このように二つ折り財布にも一長一短の特徴があり、一概に「こちらが良い」というのは断言できるものではありませんが、あなたが今まで「なんとなく」二つ折り財布を使用していたならば、あなたの手にはきっと二つ折り財布が馴染んでいることと思います。

残念なことにインターネット上で、二つ折り財布には以下のようなイメージを持つという声を見聞きしますが、このようなイメージは絶対にありませんので、当然ながら真に受けないようにしましょう。

・「二つ折り財布はダサい。」
・「二つ折り財布は若者向けなので、20代過ぎて持つのは恥ずかしい。」
・「二つ折り財布はお金を持たない学生向けで、大人は必ず長財布にしましょう。」

確かに長財布に比べて安価な二つ折り財布ですが、日本を始めとして世界で最も所有率の高いのが二つ折り財布です。
短絡的・主観的なレビューを見て、自分がほしい財布を思い留めることだけはないようにと願っています。