column

5万円以上の最高級おすすめメンズ革財布

財布に限らず何かを購入する際に必ず決まっている「予算」。どんなに素晴らしい革を使用した財布がほしくても、どんなに高級なブランドの財布がほしくても予算内のものでしか決めることができません。各ブランドも一部のブランドを除けば使用している素材、同レベルの縫製技術では、大体は同額程度の価格設定がなされています。

本ページでは、レザーブランドの中では最高級とも呼べる5万円以上の財布をピックアップし、おすすめできるものをご紹介いたします。予算に大きな余裕がある方、いつかは持ちたいなと目標を決める方、ご参考にしていただければ幸いです。

5万円以上のおすすめ長財布

クリスペルカーフ カシウスウォレット

クリスペルカーフ カシウスウォレット

メイドインジャパンブランドのココマイスターの長財布。使用されている皮革は最高のボックスカーフと名高いドイツの名門タンナーであるベリンガー社が作るクリスペルカーフ。クリスペルカーフは一方向の繊細なシボがあるのが特徴で、さらさらとした手触りは最高級のもの。クロム鞣しでシボがあるため比較的傷に強く張りがあるため黒色との相性が非常に良い皮革です。
価格63,000円
素材ボックスカーフ

フルグレイン ウェイブ BLACK

フルグレイン ウェイブ BLACK

ワイルドスワンズの長財布WAVE。使用している皮革はフルグレインレザーと呼ばれる非常に強固な皮革。他の皮革よりも分厚く強度、張りがあるため扱いが難しく、比較的にマイナーな革と言えますが、革が生きていた時についた傷等がそのまま革に反映されるため、革本来の味わいを楽しむことが出来る逸品です。
価格81,000円
素材ブライドルレザー

オークバーク・ブリストル

オークバーク・ブリストル

ココマイスターの長財布。財布に使用されることは珍しく革靴などに使用されることの多いオークバークという皮革で作られた財布。1年の歳月をかけて樫の木(オークバーク)のタンニンによって鞣された革は非常に堅牢性に優れており革のコシは一線を画する程。一方で革表面は経年変化が顕著に現れ、使用してく度に飴色へと変化してく様は一見の価値ありです。
価格73,000円
素材オークバーク

シェルコードバン アーチデューク

シェルコードバン アーチデューク

ココマイスターの長財布。最高級の財布として必ず外せないのがコードバン財布。革のダイヤモンドと称されるコードバンは年々減少傾向にあり、比例して市場価値が高くなるため財布の価値も他価格なる一方です。その中でコードバンの最高峰とも呼ばれるアメリカのホーウィンコードバンを使用している贅沢な長財布。
価格120,000円
素材コードバン

5万円以上のおすすめ二つ折り財布

シェルコードバン ジョンブル

シェルコードバン ジョンブル

メイドインジャパンブランドのココマイスターの二つ折り財布。革の最高峰であるホーウィンのシェルコードバンを両面に使用した正しく最高級の二つ折り財布。張りや艶はもちろんのこと、シェルコードバンの醍醐味はその経年変化ですので、肌身離さず持ち歩くパートナーとして財布の経過を毎日楽しむことができる財布。
価格78,000円
素材コードバン

ホーウィンコードバン&ナチュラルーコードバン 二つ折り財布

ホーウィンコードバン&ナチュラルーコードバン 二つ折り財布

メイドインジャパンのキプリスの二つ折り財布。カラーは異なりますが、上記と同様ホーウィン社のシェルコードバンを使用した二つ折り財布。しかし、内側にはナチュラルコードバンが採用されており、二つのコードバンのコントラストが非常に美しく、それぞれの経年変化も楽しめる贅沢な逸品。
価格102,600円
素材コードバン

クリスペルカーフ ロシュパース

クリスペルカーフ ロシュパース

ココマイスターの二つ折り財布。コードバンとは異なる特徴を持ったボックスカーフの最高峰クリスペルカーフを使用した二つ折り財布。繊細なシボが一方向へ連なり、クロム鞣し特有のすべすべした手触りは病みつきになること間違い無しです。またコードバンなどとは異なる経年変化を楽しめるのも見所の一つです。
価格42,000円
素材ボックスカーフ

フルグレインブライドルレザー グラウンダー

フルグレインブライドルレザー グラウンダー

ワイルドスワンズの二つ折り財布であるグラウンダー。銀面を最大限に残したフルグレインレザーを採用し、張りや堅牢性に富んだ二つ折り財布。革本来の味わいを楽しむためには持って来いの皮革で、ワイルドスワンズ特有の丸みを帯びたデザインが非常に特徴的なカジュアル寄りの二つ折り財布。
価格50,760円
素材フルグレインブライドルレザー

さて、いかがでしょうか。
5万円以上の革財布をピックアップして紹介させていただきましたが、今回はクロコダイルやリザーと言ったエキゾチックレザーは覗かせて頂きました。必然的に高価となる皮革やブランドは絞られてしまいますが、可能な限り異なる特徴を持ったものを選ばせていただきました。
革の見所や使用するシーンが異なる財布ですが、どれも最高級という言葉に恥じぬ素晴らしい財布たちです。管理人の私も一度は持ってみたいと思っているものばかりですので、財布選びの予算に余裕のある方は是非、ご参考にしていただければ幸いです。