column

暖かみ溢れるオリーチェレザーを使用したおすすめ財布5選

オリーチェ
レザーの本場であるイタリアのトスカーナ地方でスタートしたタンナー「オリーチェ社」。イタリアに受け継がれる伝統製法によって作られるベジタブルタンニン革は使用するにつれて手に馴染み味わい深い経年変化を楽しませてくれます。

本ページでは生きていたころを感じられる風合いを残したオリーチェレザーを使用した財布をご紹介します。

ベジタブルタンニンによって鞣された革は、手間がかかるために高値で取引される特徴があります。しかし、本ページで紹介するオリーチェレザーを使用した財布は可能な限り価格を抑え、レザー初心者や学生にも手の届く程、リーズナブルな価格設定がなされているのも非常に嬉しい特徴です。

オリーチェレザーを使用したおすすめ財布4選

オリーチェレザーラウンドジッパーウォレット

オリーチェレザーラウンドジッパーウォレット

オリーチェレザーを使用したラウンドファスナー長財布。財布正面にあるオリーチェ社の刻印がポイント、カラーバリエーションも豊富で男女ともに持てる定番財布。ラウンドファスナー長財布にしてはかなりお手頃価格ですが、裏地はポリエステル素材。
価格14,040円

オリーチェレザー二つ折りウォレット

オリーチェレザー二つ折りウォレット

上記と同シリーズのオリーチェレザーを使用した二つ折り財布。通常の二つ折り財布とは異なり、開いた際の左側にベロが付いています。そのため収納スペースは増えていますが、財布自体も少し厚めに感じられるでしょう。
価格11,880円

オリーチェバケッタレザー長札財布

オリーチェバケッタレザー長札財布

イタリアに10世紀もの間受け継がれるバケッタ製法によって作られたオリーチェレザー長財布。自然のままの姿を大切にしており生きていた、時の傷や血管などが見られる特徴があります。
価格12,960円

オリーチェバケッタレザー二つ折り財布

オリーチェバケッタレザー二つ折り財布

上記同様のバケッタ製法により作られたオリーチェレザー二つ折り財布。札入れや小銭入れの裏地は革ではありませんが、内側の大部分もバケッタレザーを使用した無双タイプとなっています。
価格11,880円

オリーチェバケッタレザー三つ折り財布

オリーチェバケッタレザー三つ折り財布

オリーチェのバケッタレザーを使用した三つ折り財布。同シリーズの二つ折り財布も小さく、ホワイトハウスコックスやワイルドスワンズの三つ折り財布よりも二回り程小さい三つ折り財布です。そのため、携帯性に優れており価格も二つ折り財布よりもお手頃となっています。ちょっとしたお金を入れておくセカンド財布におすすめです。
価格9,180円

伝統製法で生み出される温かみある革

オリーチェレザーはイタリア・トスカーナ地方のタンナーであるオリーチェ(Orice)社によって作られています。
このオリーチェレザーは他の皮革であるコードバンやブライドルレザーといった堅牢な皮革とは反して比較的柔らかく、経年変化のしやすい特徴があります。

伝統製法には環境に配慮し、自然の風合いを残すことに重きを置いた「ベジタブルタンニン法」を採用しています。ベジタブルタンニン方とはその名の通り、植物性のタンニンのみを使用した鞣し方法です。
生きていた状態に近いまま革になるため、傷や皺の多い皮を使用することが出来ず、手間がかかく製法のため一般の皮革よりも高値で取引される傾向にあります。

ベジタブルタンニング
このベジタブルタンニンの品質維持、品質保障のため、現地であるイタリアではベジタブルタンニング協会という組合が作られ、所属するタンナーの革に証明書を与えています。
それがオリーチェのロゴの横にある手形の刻印です。

魅力的なお手頃価格

上記で紹介したオリーチェレザーを使用した財布をみると、どれも他ブランドよりも価格が安いことに気がつくはずです。
本革財布となると3万円くらいは見ておく必要がありますが、上記の財布は最も高いラウンドファスナー長財布で1万5千円を切っています。
二つ折り財布や三つ折り財布では1万円ちょいで買える値段です。

ベジタブルタンニンレザーは手間がかかるため高いと説明したばかりですが、なぜこのような価格をつけられるのでしょうか。

理由の一つ目に、MADE IN CHINAということが挙げられます。
使用している皮革は正真正銘、イタリア産レザーですが、製造縫製は中国で行われており、そこでコストを抑えています。
裏地はポリエステル素材
理由の二つ目に、裏地は革ではないということです。どの財布も小銭入れやお札入れ、カード入れ部分の一見目に付かない裏地には革を使用せずポリエステル素材を使用しています。
意外にもハイブランドでも裏地に革以外を使用する財布は多いので、一概には言えないのですが、3万円以上する本革財布との違いはこの2点が挙げられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加