column

ホーウィン社のシェルコードバンを使用したおすすめ財布6選

シェルコードバン
皮革の王様と呼ばれるコードバンですが、仕上げ方法やタンナー等により、その質や価格は大きく異なります。
国内にもコードバンを生産しているタンナーがありますが、コードバンのタンナーとして非常によく知られたブランドがアメリカにあります。それが1905年からアメリカのシカゴでスタートしたホーウィン(HORWEEN)社です。

ホーウィン社が最も世界に知られているのが「シェルコードバン」です。
ホーウィン社のシェルコードバンは世界的に認められており、数多くのレザーブランドが競って使用しています。しかし、ただでさえ希少性の高いコードバンに供給量の限られたシェルコードバンは最高級品として扱われています。

国内においてもホーウィン社のシェルコードバンを贅沢に使用した財布を作るレザーブランドがあります。
本ページでは、素晴らしい艶と靭やかな柔軟性を持ったシェルコードバンを使用した財布をレザーブランドと一緒にご紹介します。

おすすめシェルコードバン財布6選

コードバン財布を検討中のあなたへ、数多くのレザーブランドの中から厳選して6つの財布をご紹介させていただきます。財布選びの参考にしていただければ幸いです。
尚、シェルコードバンは非常に希少性の高く人気の皮革のため、使用した財布の在庫切れが非常に目立ちます。紹介している財布にも在庫切れが多く見られますので、購入に際しまして在庫確認を早急にすることをおすすめします。

シェルコードバン アーチデューク

シェルコードバン アーチデューク

贅沢にもホーウィン社のシェルコードバンを内外に使用した無双タイプのラウンドファスナー長財布です。オイルをたっぷりと含んだシェルコードバンは他の財布とは一線を画する高級感と存在感を持っています。
価格120,000円
素材コードバン

シェルコードバン・スタンフォード

シェルコードバン・スタンフォード

上記同様にココマイスターのシェルコードバンを内外に使用した無双タイプの二つ折り長財布です。最高級革として相応しい作りとなっています。ココマイスターのシェルコードバンシリーズは大変人気のため、どれも在庫切れの状態が続いてるのが難しいところです。
価格95,000円
素材コードバン

シェルコードバン ジョンブル

シェルコードバン ジョンブル

上記同様のシリーズの二つ折り財布。普段はカジュアルな雰囲気の二つ折り財布ですが、シェルコードバンとなるとビジネスシーンはもちろん、ドレスシーンにも活躍しそうです。
価格78,000円
素材コードバン

ホーウィンコードバン&ナチュラルーコードバン 長財布

ホーウィンコードバン&ナチュラルーコードバン 長財布

縫製技術に高い評価のあるキプリスのラウンドファスナー長財布です。外側にホーウィン社シェルコードバン、内側に飴色のナチュラルコードバンを使用しているシリーズ。上記のココマイスターの財布とは異なり、内外のコントラストが良く映えており、それぞれの経年変化を楽しめる贅沢な逸品です。
価格129,600円
素材コードバン

ホーウィンコードバン&ナチュラルーコードバン 二つ折り財布

ホーウィンコードバン&ナチュラルーコードバン 二つ折り財布

上記同様キプリスのシェルコードバン×ナチュラルコードバンシリーズの二つ折り財布。カジュアルなデザインの中に高級感を併せ持つ作りとなっています。コードバンは水には弱いですが、牛革よりも高い強度を持っているため、二つ折り財布としてガシガシ使うのも耐えれる財布です。
価格102,600円
素材コードバン

ガンゾのコードバン財布

ガンゾの二つ目のコードバンシリーズ。内外どちらにもアメリカシカゴの名門タンナーであるホーウィン社のシェルコードバンを使用しています。コバはガンゾ特有の切り目仕上げを施しており、圧倒的な高級感と存在感を放っています。

シェルコードバンとは

アメリカシカゴ
高級革として知られるコードバンですが、その中でも頭一つ、二つ出ており、他のコードバンとは一線を画する扱いを受けているのがアメリカのシカゴに本拠地を置くホーウィン社の「シェルコードバン」です。
その品質の高さから日本国内の多くのブランドでも使用されており、「ホーウィン社のシェルコードバンを使用した◯◯」という謳い文句が通ずるまで、その人気は認知されています。

シェルコードバンは手間や労力のかかる植物性タンニンを使用して鞣されており、古くからの伝統製法で作られています。そのため、他コードバンよりもしっかりとオイルが染み込まされ、靭やかでヒビ割れなどがしづらく、味わい深い艶を持っています。
またシェルコードバンは経年変化に重きを置いた皮革ですので、他コードバンよりも使用していく中での経年変化を楽しむことが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加