column

IL BISONTE(イルビゾンテ)の特徴とおすすめメンズ財布

イルビゾンテ
1969年にイタリアでスタートしたイルビゾンテは水牛のロゴが目印のレザーブランドです。財布やバッグを手掛けるイルビゾンテの革製品を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。ハイブランドよりも知名度は低いもののレザーアイテム界では味わい深い経年変化が知られています。

またブランドの創業者である「ワニー・ディ・ディフィリッポ」にもイルビゾンテ同様にファンに愛されている人物です。1969年にイタリアはフェレンツェの小路で妻と一緒に営んだ小さな革製品のお店が始まりとなり、現在では欧米はもちろん、日本にも多くのファンがいるほど成長したイルビゾンテは彼自身の人生そのものと言えます。

本ページでは世界中から愛されるイタリア産レザーブランドの「イルビゾンテ」の財布をご紹介致します。
以前使用していた三つ折り財布のレビュー記事もございますので、合わせてご参考ください。

イルビゾンテのおすすめメンズ財布

イルビゾンテはユニセックスなデザインが豊富に揃えられていますが、ブランドイメージとしても世間のイメージとしても女性が使用するというイメージが強く感じられます。反対に言うと数多くあるアイテムの中で本当に男性向けのアイテムというのはそれほど多くはありません。

本項ではぜひとも男性におすすめしたいイルビゾンテの財布をご紹介致します。

ロングウォレット

ロングウォレット

イルビゾンテのロングセラー長財布。かぶせ蓋タイプの長財布のシンプルな構造となっており中央のイルビゾンテのロゴがアクセント。財布表面にボタン等もないためイルビゾンテが使用する革本来の味わいを満喫できる逸品です。男性にはブラックを始めとした暗色系やグリーン、ヌメもおすすめできるカラーです。
価格38,880円
素材牛革

L字ファスナー ロングウォレット

L字ファスナー ロングウォレット

こちらもイルビゾンテのロングセラーアイテムであるL字ファスナータイプの長財布。大きく広げることができ容量も大きいため中身を出し入れしやすいメリットがあります。上記の男性にも人気の高いグリーンカラーは濃い目の緑色なので、コーディネートのアクセントとしても使えます。
価格45,360円
素材牛革

ウォレット

ウォレット

イルビゾンテの二つ折り財布。イルビゾンテの二つ折り財布ではよく見られるタイプの小銭入れが財布の外側に付けられているため、小銭入れ単体で使用することができます。一般的な二つ折り財布よりも少し大きめな作りとなっており、二つ折り財布にしてはカードポケットが6つと多めです。画像は男女ともに人気の「ヌメ」。経年変化が最も楽しめるカラーとなっています。
価格27,000円
素材牛革

イルビゾンテには豊富な財布のバリエーションとカラーがあるため、どれが良いのかと迷ってしまうかもしれませんが、男性のあなたにおすすめしたいのは上記で挙げたようなオーソドックスなシンプルなタイプの長財布や二つ折り財布です。
シンプルな構造の財布でもイルビゾンテが使用している素材は非常に味わい深いオリジナルレザーですので、存分にイルビゾンテらしさを味わえるかと思います。

イルビゾンテのヌメ革

ヌメ革「イルビゾンテとは?」
このような問いかけに、知っている人ならば誰もが連想するアイテムがヌメ革です。ベジタブルタンニンで鞣したイルビゾンテのヌメ革は良くエイジングすることで知られています。購入当初は明るいキャメル色、使用していく中で段々と色は濃くなり艶が増していき、ダークブラウンへと変貌を遂げます。

持つ人の使い方によりエイジングの仕方は三者三様、十人十色です。綺麗に上手に経年変化させるためには必要最低限のメンテナンスが必要で、革表面をコーティングしてある製品と比較すると「手間が掛かる」とも言えますが、使用していく中で刻々と変化する財布を見ていれば、単なる道具としてではなく伴に育つパートナーとして愛着が湧くものです。この経年変化こそがイルビゾンテのテーマとなっています。

度々紹介されていますが、創業者であるワニー・ディ・フィリッポはこう語っています。

” 雨が降ればどちらも濡れ、晴れればどちらも日にあたり、あなたが日焼けすれば、バックも日に焼けます。
あなたのイル ビゾンテはあなたの一部になるのです。 “

引用:ABOUT IL BISONTE

自然のままの皮革を使用しているからこそ、使用していく中で経年変化という形で様々な表情を見せてくれます。

IL BISONTE 長財布

IL BISONTE 長財布

イルビゾンテでのオーソドックスなホックボタン式の長財布。色はナチュラルカラーなので経年変化が最も映えるカラーバリエーションです。使用していく中で色は濃くなり艶が増し、自分だけのエイジングを楽しむことが出来ます。財布正面にはイルビゾンテのロゴがアクセントとなっており、育て甲斐のある長財布です。
価格41,040円
素材牛革

イルビゾンテの特徴・らしさ

メイドインジャパンブランドは丁寧な縫製、綺麗な裁断。クオリティの高さは頷けるものばかりです。見事に綺麗な財布ばかりなのですが、悪く言えば「特徴がない」という捉え方もできます。
筆者は現在、ココマイスターの二つ折り財布を使用しています。ココマイスターはイルビゾンテやガンゾなどのように大きなロゴが無く一見すると「どこのブランドの財布?」と思われることも多い財布のひとつです。

わかりやすく大げさな例を挙げますが…。反して英国の人気ブランドのホワイトハウスコックスのホリデーラインやイルビゾンテのがま口財布等、一目見ただけで分かる人にはわかってしまうそのブランドらしさがあります。
本項では、そのイルビゾンテらしさはどのようなものなのかを見ていきましょう。

切りっぱなしのコバ

イルビゾンテのコバイルビゾンテのコバは切りっぱなしです。日本産ブランドでよく見かけるのは顔料等を薄く塗ったものや綺麗に磨き上げたものですが、イルビゾンテのコバはそのようなことはしていません。

切りっぱなしのコバにどのようなメッセージ性があるのかはわかりませんが、いい意味でその雑さが革を楽しめるイルビゾンテらしさなのかもしれません。

金色ボタン

金色ボタン筆者はどちらかというとシンプルなデザインを好むのですが、イルビゾンテの財布によく使われる金色ボタンは意外と気に入っています。

イルビゾンテの財布や鞄、文具等の様々なアイテムで見かけることの多い水牛と星のイルビゾンテのロゴが刻印された金色ボタン。絶妙なアクセントとしてお洒落度をアップしてくれており、特に黒系のカラーの革との相性はピッタリなので、是非とも金色ボタンがついているアイテムをおすすめします。

カラーとタイプのバリエーションの豊富さ

イルビゾンテを特徴づける要素としてバリエーションの豊富さがあります。一概には言えませんが、これはお国柄のせいなのでしょうか。

例えば日本のレザーブランドの多くは…

・ラウンドファスナー長財布
・かぶせ蓋タイプの長財布
・二つ折り財布
・コインケース

この4つが主体となり「マチ」の種類が異なっていたり、「小銭入れ」があるタイプとないタイプのように細分化されているところが多く見られます。しかし、このイルビゾンテは上記で挙げたメジャーなタイプはもちろんのこと、言葉では表現しきれない程の形があります。

Wホック長財布

Wホック長財布

まるでポーチのような大きさのダブルホックの長財布。通常の長財布よりも大きく収納力に長けているためレシートやメモ帳、通帳も収納可能な財布です。男女ともに使用できるためペアルックや色違いで持つのもおすすめですね。
価格48,600円
素材牛革

イルビゾンテのカラーバリエーション
引用:イルビゾンテ日本公式HPカラーサンプル

更にはカラーバリエーションも豊富で、アイテムによっては「ヌメ」「ヤキヌメ」から「オリーブ」「グレー」等のように10色を越える色が用意されています。その中でもやはりヌメの財布が人気を誇っているようですが、すべての色が自然の色合いとなっていますので、それぞれに綺麗な経年変化が期待できます。

イルビゾンテのおすすめストア

イルビゾンテの直営店は北海道は札幌市から九州は鹿児島までありますので、是非近郊にお済みの方は直に手に持ってみることをおすすめします。財布だけではなくバッグや皮革製品が並び、レザー特有の香りに包まれることでしょう。

しかし、近くにお店がない方は下記のストアをおすすめします。

Amazon
Amazonでは多数のイルビゾンテの財布を見つけられるはずです。またAmazonではバッグや財布といったファッション製品が大幅値下げする傾向があるため、定価よりも大幅に値下げされた状態で購入できるチャンスがあります。下記のような値下げを見かけたらお見逃しなく!
アマゾンでイルビゾンテ

LOOK@E-SHOP公式通販
LOOK@E-SHOPは公式のイルビゾンテの通販サイトです。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。また公式のためAmazonよりも在庫数は豊富で好きなカラーを選べるのも嬉しいところです。