column

財布の種類 – あなたのスタイルに合わせた財布の選び方

財布の種類
あなたは財布を買う時にどのような基準で財布を選択しているでしょうか。
財布を選ぶ基準は人それぞれですが、大きく分類すると以下のようなポイントが挙げられます。

価格:どの程度の予算なのか。
素材:本革か布か。または牛革か馬革なのか。
ブランド:国産ブランドか外国ブランドか。
種類(形)
色:ビジネス用の黒かプライベート用のユニークな色か。

本ページでは「種類」に注目してどのような財布がどのようなスタイルの人間に合っているのかのをご紹介したいと思います。
「今流行の○○のブランドの財布が良い」だとか「予算は2万円以下かな…」という声を良く耳にしますが、そのような理由で決めた財布、あなたの持っている財布は本当に使いやすいですか。

それでは、それぞれの財布を大まかに見ていきましょう。
詳しくは各項目ごとにリンクが張ってありますので、そちらをご参考ください。

長財布

財布の種類を大きく分けると長財布二つ折り財布の2つが挙げられます。
お札を曲げずに収めることができる長財布
お札を二つ折りにして収めることのできる二つ折り財布です。

始めに長財布にはどのような財布の種類があるのか詳しくを見てみましょう。

かぶせ蓋タイプ

かぶせ蓋タイプの長財布
スーツやコート等のビジネスシーンやフォーマルな服装に良く似合うかぶせ蓋タイプの長財布です。一般的には「二つ折り長財布」とか単に「長財布」「チャックじゃない長財布」等と言うことが多いこの財布。「かぶせ蓋」という名前は一般的に浸透していませんが、このタイプはフォーマルな服装をする男性に多く持たれている財布の一つとなります。

下記のラウンドファスナー長財布は厚みがある反面、かぶせ蓋長財布は非常に薄い作りをしたものが多く、スーツやコートの内ポケットに潜ませスマートに持ち歩けるのが特徴です。
薄さを追求した小銭入れがないタイプも多く、シンプルを極めた大人の男性が持つイメージもあります。偏見ではありますが、高校生がかぶせ蓋長財布を持っていると少し背伸びしているのかな。というような印象を受けます。スーツやジャケット、コート等の内ポケットから出すことが多いかぶせ蓋はビジネスシーンに活躍し、お金をスマートに持ちたい方におすすめです。

ラウンドファスナー(ジップ)財布

ラウンドファスナータイプの長財布
女性のシェアが非常に高いラウンドファスナー長財布、ラウンドジップタイプとも呼ばれるこの財布は、言葉通りファスナーが財布の周りをぐるっと回っている財布です。
このタイプの財布のメリットは安全性と収納力なのは言うまでもありません。財布の中身を守るようにファスナーがぐるっと一周回っているため万が一にもカードやお金が不意に落ちる心配がありません。また厚みもありマチが付いているため可動部が多く財布を大きく開くことができます。そのため、レシートやメモなどもまとめて入れることができ、かぶせ蓋長財布や二つ折り財布よりもカードポケットも多いのが特徴です。

反面、ラウンドファスナー長財布のデメリットとして挙げられるのは携帯性が低いことです。二つ折り財布の約2倍程の面積があるためズボンの後ろポケットに入れることはもちろんNG。厚みのある財布も多く、シルエットが崩れてしまう可能性があるためスーツの内ポケットにも入れるのはおすすめできません。常に鞄に入れて携帯し、仕様の際には取り出す必要があるということを考慮して購入を検討することをおすすめ致します。

ボタンタイプ・フラップタイプ

フラップ財布
レディース長財布には広く一般的ですが、メンズの長財布としてはあまり見ないタイプとしてボタンタイプの長財布があります。多くはフラップ部分にボタンが付いており開閉することからフラップ財布、2つのボタンが付いていればダブルフラップ財布等と呼ばれたりします。

イルビゾンテのようなユニセックスなブランドでは主流のフラップ長財布、他のメンズ向けレザーブランドでは長財布や二つ折り財布、ラウンドファスナー長財布を揃えていてもフラップ財布は一つや二つといった具合でマイナーな財布に分類されます。しかし、ココマイスターのナポレオンカーフや、ワイルドスワンズのウェーブ等のように人気アイテムとしてロングセラーとなっているのもあるため、ボタン式のをお探しの方は前述ブランドをチェックしてみてはいかがでしょうか。

二つ折り財布

二つ折り財布
二つ折り財布は国内において男性の所有率が最も高い財布です。長財布の半分程度の大きさで携帯性が高く、後ろポケットに入れて気軽に持ち歩けるメリットがあります。また財布を開閉する際には手に収まるフィット感は大きな財布では味わえない感覚を味わえます。
当ホームページの管理人も二つ折り財布を使用しており、鞄やリュックを持たないでふらっと財布とスマホだけをポケットに入れて散歩というのも二つ折り財布だからできるのです。

二つ折り財布の最も大きなデメリットとしてよく挙げられるのは容量の少なさです。ラウンドファスナー長財布と比較すると容量は半分程度にまで絞られてしまい、レシートやカードを多く持ちたい方には不向きです。また気軽に持ち歩けると言って二つ折り財布をポケットに入れてばかりいると劣化が早まるという問題点もあります。
補足ではありますが、私は車やイス等に座る際には必ず財布を後ろポケットから取り出す習慣をつけています。

三つ折り財布

三つ折り財布
レディース向けのハイブランド財布を除き、メンズの三つ折り財布は比較的マイナーな財布として分類される財布です。二つ折り財布よりも収納力は少し高く、長財布よりもコンパクトな中間のポジションにいる財布です。

国産レザーブランドでは、それほど多くは販売されておらず、一見すると使いづらそうに見えますが、英国のレザーブランドを始めとして意外にも三つ折り財布を支持している層は確実にあります。英国ではホワイトハウスコックス、エッティンガー。国産ではワイルドスワンズ等のレザーブランド、イタリアのイルビゾンテなどでは三つ折り財布を主戦力として扱っており、一度使うとハマってしまう使いやすさがあるように感じます。

がま口財布

古き好き財布というイメージと、お洒落で可愛いというイメージがあるがま口財布。種類によってはカードやお札をたくさん収納できるがま口財布もあるため普段使いにも対応できるものもあります。
なによりシルエットが可愛いらしいため、話のネタやちょっとしたお買い物にも最適です。他にも本革を使用した本格的なものもあるため一概に若年層向けとも言えず、他人からちょっと視線を集めたい方にはぜひともおすすめしたい財布です。

小銭入れ

小銭入れは角型や馬蹄型、がま口と種類が多くあり、小銭を入れるのに特化した財布です。主に見かけるのは小銭入れ+かぶせ蓋タイプの長財布の組み合わせで持っているケースです。比較的40代以上の方に多く見かけるスタイルです。人前でお金を払うときには長財布から万札を、ちょっとした買物の時には小銭入れを活用する使い分けがこだわりある大人を演出してくれます。しかし、小銭入れが一体型の財布よりも手間が増えるのは致し方ありません。
小銭入れ

マネークリップ

マネークリップは紙幣を挟むクリップです。素材は革から金属まで多種多様で、あまり大きな財布を持ち歩きたくない方におすすめです。反面、紙幣を折る必要があり、小銭入れも別にもつ必要があるため機能性で言うと広く一般にはおすすめできませんし、普及もしていませんね。